弊社は、平成22年12月1日で設立40周年を迎えることができました。
これも皆様のご愛願の賜物と心より感謝申し上げます。
当日は、たくさんの皆様にご臨席賜り、記念講演会および懇親会を開催いたしました。

その時の模様を下記アルバム画面をクリックしてご覧いただけます。
今後とも、株式会社明西エンジニアリングをよろしくお願い申し上げます。

開催日時  平成22年12月1日(水)
開催場所  ホテルニューオータニ大阪 2階 鳳凰の間
各講演会 午後4時30分 開演
A講演会  講 師 作家 童門 冬二 氏
      テーマ 「いま、日本に求められるものー歴史から学ぶ人間関係ー」
B講演会  講 師 落語家 桂 春之輔 氏
      テーマ 「落語の情」
C講演会  講 師 上方文化評論家 福井 栄一 氏
      テーマ 「めでたやな 七福神が お出迎え」
懇親会   午 後  6時00分 開宴


氏 名:童門 冬二(どうもん ふゆじ)

 かつて東京都庁に勤め、都立大学事務長、広報室課長、企画関係係部長、知事秘書、広報室長、企画調整局長
政策室長などを歴任して退職、その後作家活動に専念されています。
 特に歴史を「生体解剖する」という歴史観から繰り出される独自の世界観には大変定評があり歴史の中から
現代に通ずる実学を数多くご執筆され、現在に至ります。
 執筆活動のかたわら、講演活動も積極的に行っており、企業、青年会議所、外郭団体、教育機関等を中心に
現代における人、教育、組織、経済、社会、文化のあり方をー日本人の心の美しさーを土台とし、歴史という
人間ドラマを題材に落語を聴くかのように面白く、実学として胸に染み渡る話をされます。
「人生で必要なことはすべて落語で学んだ」という著書を執筆されるほど落語好きでもいらっしゃいます。
 
氏 名:桂 春之輔(かつら はるのすけ)

昭和40年10月 高校在学中に3代目桂春団治に入門し、高座名は桂春章。
昭和42年3月  大阪府立桜塚高校卒業後、正式に入門し内弟子生活となる。
昭和43年2月  春章改め「春之助」となる。
平成5年2月   4代目桂春之輔に改名。
平成15年7月  社団法人「上方落語協会」副会長就任。

 平成19年には、大阪市立大学において(春團治一門が講演する授業)「大阪落語への招待」の
主任講師を務められ、現在は上方落語協会幹事長として、春團治一門ならびに落語会の隆盛に力を
注いでおられます。

氏 名:福井 栄一(ふくい えいいち)

 上方文化評論家。大阪府吹田市出身。京都大学法学部卒。京都大学大学院法学研究科修了。
 関西大学社会学部非常勤講師。大阪夕陽丘学園短期大学非常勤講師。
 「ヒトと動物の関係学会」会員、「朝日21関西スクエア」会員。

 『上方学』(PHP文庫)を刊行し、「上方学」を創始。上方の芸能・歴史に関する評論を手がけ、各地で
上方文化に関する講演やテレビ・ ラジオ出演などを精力的におこない、その独特の「福井節」が人気を博して
おられます。
上方舞・地歌・落語公演の企画・制作も手がけておられます。剣道2段。


詳しい模様は、下の画像をクリックしていただければ、
別画面にてアルバムが開きます。
※アルバムの再生にフラッシュプレイヤーが必要です。 
再生できない場合は右の画像をクリックしてください。
マクロメディア社のダウンロードページに進みます。
アルバムを読み込むのに、多少の時間がかかります。
Copyright(c)2004 MEISEI-ER Co.,Ltd, All Rights Reserved.